大阪市都島区の歯科医院です。インプラント・歯周病治療・審美歯科などを行なっています。

なかや歯科 一生、おいしく食べたいとは思いませんか?
お問い合わせ
 
 
医院紹介 診療内容のご紹介 診療事例のご紹介 患者様の声 トップ
 
診療事例のご紹介
  診療事例のご紹介
当院での診療事例を、わかりやすく悩み別に紹介しています。
院長が勤務医時代に治療した症例も含みます
診療事例
歯周病、インプラントの症例:57歳女性
 上の前歯の詰め物がとれて虫歯が気になる
 
 
初診時
 
 
初診時
初診時の状態
左上の前歯の詰め物がとれています。
右に入っている差し歯もあっていない為に、中で虫歯が進行しています。
歯石もついていて、歯槽膿漏も進行しています。
今の前歯の状態がコンプレックスになっていて、大きくお口をあけて笑うことができなかったそうです。


初診時のレントゲン
初診時のレントゲン
赤いラインは、初診時の骨レベルです。
歯槽膿漏が中等度に進行し、垂直性の骨欠損も認められます。
特に上顎左側犬歯部の垂直性骨欠損は大きいです。
上顎の奥歯は、保存不可能で、残存する骨の量も少ない為に、サイナスリフトも必要になります。
保存可能な歯には、再生療法を行い、歯がない部位にはGBRを行い、インプラント治療を行うことになりました。
 
 
経 過
 
 
終了後1年のお口の中
初診時の状態
前歯の歯ぐきのラインも整え、バランスの良い差し歯を入れました。
見違える程きれいに変化した為に、初診時は、前歯に対してコンプレックスを持っておられたのですが、今は、“私の前歯綺麗だからしっかり見て!”
というぐらいに自信をもって笑うことができているそうです。
患者様の外観にもそれがにじみ出ていて、初診時と比較すると堂々とされ、そしてオシャレになられています。
治療結果にもとても満足され喜んでおられます。

終了後1年のレントゲン
2年後のレントゲン
黄色のラインは、終了後1年の骨レベルです。
再生療法により、上顎左側犬歯の垂直性の骨欠損も改善されています。
全体的に骨のレベルが水平になり、歯ブラシのしやすい環境が得られています。

 
 
 

大阪 都島のインプラント、審美歯科、歯周病のことならなかや歯科にご相談下さい。

〒534-0015 大阪市都島区善源寺町1−5−47 アクトワンビル2F
TEL:06-6925-7771 FAX:06-6925-7772
Copyright 2005 Nakaya Dental Clinic. All rights reserved.