大阪市都島区の歯科医院です。インプラント・歯周病治療・審美歯科などを行なっています。

なかや歯科 一生、おいしく食べたいとは思いませんか?
お問い合わせ
 
 
医院紹介 診療内容のご紹介 診療事例のご紹介 患者様の声 トップ
 
診療事例のご紹介
  診療事例のご紹介
当院での診療事例を、わかりやすく悩み別に紹介しています。
院長が勤務医時代に治療した症例も含みます
診療事例
歯周形成外科の症例:23歳男性
 歯ぐきがやせて下がってきていて、歯が抜け落ちそうで気になる。
 
 
経 過
 
 
初診時の状態
初診時の写真
()の歯は、歯ぐきがかなりやせてきて、歯ブラシも難しいため、歯ぐきの炎症も認められます。
患者様は歯ぐきがどんどん下がってきている事に対して不安があり、また見た目も気にされていたため、歯ぐきの移植を行うことにしました。 
手術中の状態
手術中の状態
歯ぐきを開けると()の歯は、骨が根の先の方までなくなってしまっています。この様に歯ぐきが下がっている場合は、根を覆っている薄い骨が溶けてそれに伴い歯ぐきが無くなってしまっているのです。
歯ぐきがどんどん下がっていくということは、歯を支えている大切な骨も溶けているということです。この根の上に結合組織を移植しました。

手術後1ヶ月の状態
手術後1ヶ月の状態
歯ぐきはまだ安定していませんが、初診時と比較すると歯ぐきの位置は改善され、患者様は大変喜ばれました。
この後、患者様は中国に留学されたため、来院できなくなりました。
術後9年の状態
術後9年の状態
患者様は、ずっと海外赴任のため来院されませんでしたが、たまたま日本に一時帰国されたときに来院されました。残念ながら上の前歯の状態は良くなかったのですが、この部位においては歯ぐきの位置も安定して、いい状況が保たれています。
もしも9年前に歯ぐきの移植を受けていなかったら、この歯はすでに抜歯になっていたかもしれません。この様に安定した歯ぐきにより、残された骨も温存でき、ひいてはその歯の寿命を延ばすことになります。
 
 
 

大阪 都島のインプラント、審美歯科、歯周病のことならなかや歯科にご相談下さい。

〒534-0015 大阪市都島区善源寺町1−5−47 アクトワンビル2F
TEL:06-6925-7771 FAX:06-6925-7772
Copyright 2005 Nakaya Dental Clinic. All rights reserved.